大隅中央合併協議会 構成市町

大隅中央合併協議会 会議運営規程

(趣旨)
第1条 この規程は、大隅中央合併協議会規約第10 条第3項の規定に基づき、大隅中央合併協議会(以下「協議会」という。)の会議(以下「会議」という。)の運営について必要な事項を定めるものとする。
(基本方針)
第2条 会議は、原則として公開する。
会議の運営に際しては、公正な協議の推進に努めるものとする。
会議は、計画的に開催するものとする。
(会長等の責務)
第3条 協議会の会長(以下「議長」という。)は、副会長と連携しながら、迅速かつ効率的に会議を運営することに努めなければならない。
協議会の委員(以下「委員」という。)は、会議に積極的に参画するとともに、円滑な議事運営に協力しなければならない。
(会議の開会、閉会等)
第4条 会議の開会及び閉会は、議長が宣言する。
委員は、議長の許可を得た後、発言するものとする。
議長が必要と認めたときは、会議に諮って委員以外の学識経験を有する者その他関係者の出席を求め、意見を聴くことができる。
(表決)
第5条 会議の議事は、全会一致をもって決することを原則とする。ただし、意見が分かれた場合は、出席委員の3分の2以上の賛成をもって決することができる。
議長は、表決を採るときは、挙手を求め、結果を宣言するものとする。
(会議録の作成)
第6条 議長は、次に掲げる事項を記載した会議録を調製するものとする。
(1) 開会及び閉会の日時
(2) 開催場所
(3) 出席者及び欠席者の氏名
(4) 職務のため会議場に出席した事務局職員及び関係市町の職員の職及び氏名
(5) 説明等のため会議場に出席した者の氏名
(6) 議事日程
(7) 会議に付した議案
(8) 議事の経過
(9) その他議長が必要と認める事項
前項の会議録には、会議資料を添付するものとする。
議長は、作成した会議録に記名押印し、これを協議会の事務局に保管させるものとする。
会議録は、議長が記名押印した日をもって確定するものとする。
(会議録等の公開)
第7条 会議録及び会議資料(以下「会議録等」という。)は原則として公開する。ただし、次条第1項ただし書の規定による決定があった会議の会議録等についてはこの限りでない。
前項の公開は、会議録等が確定した日以後に行うものとする。
会議録等の公開に関し必要な事項は、議長が別に定める。
(傍聴)
第8条 会議は傍聴することができる。ただし、議長が、会議を公開することにより率直な意見の交換が不当に損なわれる等公正かつ円滑な運営に著しく支障が生じると認める場合において、会議に諮り公開しないことを決定したときは、この限りでない。
前項ただし書の規定により会議を非公開とする場合においては、あらかじめ会議に諮り出席委員の過半数をもって決するものとする。
会議の傍聴については、議長が別に定める。
(規律)
第9条 何人も、会議中はみだりに発言し、騒ぎ、その他議事の妨害となる言動をしてはならない。
(補則)
第10条 この規程に定めるもののほか、会議の運営に関し必要な事項は、議長が別に定める。
 附 則
  この規程は、平成16年7月6日から施行する。

大隅中央合併協議会
〒893-0005 鹿児島県鹿屋市共栄町17番23号
TEL: 0994-42-6628 FAX: 0994-42-7076
E-mail: centralosumi@central-osumi.jp