メニューへ | トップへ | サイトマップ
4.ウェブユーディーの注意事項
WebUDについて  4. WebUDの注意事項          
ダウンロードの前に
1. インターネットに接続している回線の種類によって、ダウンロードの時間が異なります。おおよそ次の通りです。
アナログモデム(56K):約50分、ISDN(64K):約30分、ADSL(1M):約2分、ADSL(8M):約1分
2. Windows2000Professional/XPでは、Administrator権限のあるユーザでWindowsにログインして、WebUDのダウンロード、インストールを行って下さい。なお、インストール後は、Administrator権限のあるユーザ以外でもWebUDの起動、使用は可能です。
3. プロキシやファイヤーウォールの設定によっては、ダウンロードが失敗する場合があります。
古いバージョンのWebUDをお使いの方へ
1. WebUD V01L10 及びそれ以前のバージョンをお使いの場合は、富士通のWebUDのページをご覧いただき対処を行った後、WebUD V01L20 をダウンロードして下さい。
WebUD V01L10 及びそれ以前のバージョンが削除されていない状態で、WebUD V01L20 をダウンロードしてインストールすると、以下のメッセージが表示されます。
古いバージョンのWebUDを削除していない場合のメッセージ画面
2. WebUD V01L11 をお使いの場合は、WebUD V01L20 をダウンロード後、インストールを行っていただくことで、V01L20へ更新できます(V01L11 を削除する必要はありません)。
このページのトップに戻る
ご使用に際して
1. 通常のブラウザによりホームページにアクセスした場合にはサーバと情報の送受信を自動的におこなっていますが、WebUDをご使用の場合は、それに加え、WebUDの読み上げ機能などをご使用になるために必要な情報の送受信を自動的におこなっています。
2. 操作部ボタンの文字列、お気に入りや設定などのウィンドウ内の文字列、入力中の文字などを読み上げることはできません。
3. 本ホームページからダウンロードしたWebUDの読み上げ、ひらがな、小さく、大きく、色変更の機能が動作する範囲については、WebUDの利用範囲を参照してください。また、読み上げ、ひらがな、小さく、大きく、色変更の機能はインターネットに接続している間のみ動作します。
4. 漢字の読み仮名を正確に振ることができない単語、音声の読み上げが正確にできない単語があります。
5. 漢字の読み仮名を振ることができないページ、音声の読み上げができないページがあります。
6. 漢字の読み仮名と音声読み上げが異なる場合があります。
7. PDF、Macromedia Flash(TM)、JavaScript/Applet、Microsoft Word/Excelなどのコンテンツに対して、WebUDの各機能が正常に動作しない場合があります。
8. ソフトウェアキーボード
ソフトウェアキーボードは、マウス、あるいは、外部入力スイッチでご利用下さい。ソフトウェアキーボード上でもTab/Enterキーによるキーボード・ナビゲーションをサポートしているので、Enterキー入力によるかな漢字変換候補の決定等が正常に動作しません。
Windows(R)XP+SP1、または、SP2では、日本語入力中にTabキーを押下すると文字列が確定されてしまいます。Ctrlキー+Tabキーでフォーカス枠を移動させて下さい。
9. 操作ボタン「上へ」・「下へ」のスクロール
フレームには対応していません。
10. キーボード操作
埋め込みオブジェクト(EMBEDタグ)内でEnterキー入力が実行されません。
11. お気に入りの縮小画像
埋め込みオブジェクト(EMBEDタグ)の取り込みはできません。
12. 小さく・大きく
「小さく」「大きく」すると、ページ内のコンボボックスを選択しても展開されなくなります。
13. ドメインの異なるフレーム
ページ内にドメインの異なるフレームが存在する場合は読み上げができません。
14. 読み上げの範囲
読み上げのスキップ(F2)と逆スキップ(Shift+F2)では、読み上げの範囲が異なる場合があります。
このページのトップに戻る
読み上げ、ひらがな、小さく、大きく、色変更の機能について
1. 読み上げ、ひらがな、小さく、大きく、色変更の機能は、WebUDが導入されているホームページに対して動作します。
2. WebUDが導入されている他のホームページにアクセスした場合は、読み上げ、ひらがな、小さく、大きく、色変更の機能も継続して動作します。
3. WebUDが導入されていない他のホームページにアクセスした場合は、読み上げ、ひらがな、小さく、大きく、色変更の操作ボタンは選択できない状態になりますが、継続してホームページを見ることはできます。
このページのトップに戻る
その他
1. お使いのコンピュータからWebUDを削除する場合は、Administrator権限のあるユーザでWindowsにログインして、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を実行して下さい(Windows98SE/Meをお使いの場合、デスクトップのショートカットが削除されないことがあります)。更に、下表「WebUDのユーザーデータフォルダ」を削除してください。お使いの環境によりフォルダが異なりますので十分確認を行ってください。
2. ユーザー認証が必要なプロキシサーバをご利用の場合、WebUDが正常に動作しません。プロキシサーバを介してアクセスされる場合は、ユーザ認証が不要なプロキシサーバ環境でお使いください。
3. オートスキャン機能をご利用の場合、WebUDはTABキーをアプリケーションに対して送出します。WebUD以外の起動しているアプリケーションにTABを送出することがありますが、この場合はWebUDを一旦終了させることで対応することが出来ます。
4. WebUDでは、自動的に以下の情報をファイルに記録しています。WebUD終了後、エクスプローラーなどで以下のファイルは削除できます。
(1)  エラーログ 下表ユーザデータフォルダ\LogFiles フォルダ配下の各ファイル
(2)  URL履歴 下表ユーザデータフォルダ\InputURL.dat ファイル
WebUDのユーザデータフォルダ
お使いのOSユーザーデータフォルダ  (お使いの環境により異なります)
Windows 98SE/ME C:\WINDOWS\Application Data\Fujitsu\WebUD
複数ユーザーでお使いの場合は以下となります。
C:\WINDOWS\Profiles\(ユーザー名)\Application Data\Fujitsu\WebUD
Windows 2000/XP C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\Fujitsu\WebUD
表中の"(ユーザー名)"は実際にお使いのユーザー名となります。
このページのトップに戻る
「WebUDについて」に戻る